地方創生事業や人口減少対策をはかる上で、超高齢県と言われる島根県においては、高齢者の方々の対応が重要な課題となります。

県、市町村、市町村社協、特別養護老人ホームを始めとする社会福祉法人、NPO、各種ボランティア団体等が連携して、島根らしい地域包括ケアシステムの構築を図る必要があると考えます。

地域包括ケアシステム

「地域包括ケアシステム」とは

高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)を構築すること。

※各自治体が、2025年(平成37年)を目途に整備するよう、厚生労働省が推進している