地方創生へ向けた政策課題には、3つの基本的視点が必要と考えます。原成充

  • 若い世代の就労、結婚、子育での希望の実現
  • 東京一極集中の歯どめ
  • 地域の特性に即した地域課題の解決

島根県は既に人口70万人を割り、毎年5,000人程度の人口減少が続いています。
人口減少は国力低下を招き、地方の衰退に直結するためきめ細やかな対応が必要です。
島根の地で産業を興し、若者が安心して安定して暮らせる職場・雇用の場をつくると共に、結婚支援・子育て支援に力を注ぐ必要があります。